【WiiU】生産終了したけど名作揃い!私的おすすめゲームソフト

wiiU

こんにちは、わちログです。

私はWiiUを発売して間もなく買い、(当初ソフト不足が続いたものの)約4年間楽しみました!任天堂の他ハードと比較して販売台数も伸びずじまい、後継機のニンテンドースイッチも発売するということで生産終了してしまいましたが、そこはやはり任天堂!ハードとしては売れませんでしたがソフトの面白さは折り紙付きです。

ということで今回はタイトル通り、4年間WiiUを楽しんだ私が選んだWiiUのおすすめゲームソフトを紹介したいと思います。
※wiiUド定番のスプラトゥーンはあえて外しています

スーパーマリオ 3Dワールド

スーパーマリオ 3Dワールド
おすすめポイント!
  • 3Dマリオの集大成!操作性が違う5人のキャラクターでステージを突き進む
  • アイディアの密度が高い!多種多様なステージでプレイヤーを飽きさせずサービス精神満点

とりあえずWiiU買ったら、コレ買っとけば間違い無し!

「スーパーマリオ3Dワールド」は3Dマリオの集大成とも呼ぶべきソフトです(当時は。もうすぐ次作のマリオオデッセイが出ますが笑)。
ゲーム内容はオーソドックスなステージクリア型、ゴールポールを目指して進むいつものマリオ・・・と思いきや、プレイキャラがこのソフトはマリオを入れて5人。
マリオ、ルイージ、キノピオ、ピーチ姫、そしてロゼッタ!操作性の異なる各キャラクターを選択してステージをクリアしていきます。

このソフトの一番の肝、それはこれでもかと詰め込まれたアイディアの数々!

海、山、川、お化け屋敷、クッパ城はもちろん、溶岩、砂漠、宇宙、今までのマリオにはないお城、マリオカート風のステージ、ミニゲームのキノピオ隊長などなど・・・様々な種類のステージが登場してプレイヤーを飽きさせません。そして定番のボスクッパを倒しても、ここからが本番とばかりに出てくる隠しステージの数々・・・。

終盤はプレイヤーを試すかのように意地悪なステージのオンパレード。私は隠しステージを全て出現させましたが、最終面はあまりに難しすぎてクリアできずじまいでした笑

なんかここまで書くと難しそう!と思うでしょうが、そこは任天堂。ステージは最初かんたん、ゲーム進めるごとに徐々に難しくなっているレベルデザインになっています。初心者の人はふわふわ浮くことができるピーチ姫をプレイすればいいと思いますし、どうしてもクリアできない場合の補填案ももちろんあります。

コレ一本で大分お腹いっぱいになるソフト、ゲーマーも初心者も、おそらく1ヶ月以上は楽しめることでしょう笑

関連リンク

スーパーマリオ 3Dワールド
任天堂 (2013-11-21)
売り上げランキング: 652

スターフォックス ゼロ

『スターフォックス ゼロ・スターフォックス ガード』ダブルパック
おすすめポイント!
  • 生ぬるいゲームじゃ物足りない、ガチゲーマー向け!何度も繰り返しステージを攻略したくなる
  • 操作さえ慣れればゲームの没入感が高い!(逆に慣れるまでが大変!)
  • 2017年10月現在1800円程度で購入可能・・・

スーパーマリオ3Dワールドは万人におすすめできるソフトですが、スターフォックスゼロは昨今のソーシャルゲームやカジュアルゲームじゃ満足できない、ガチゲーマーにおすすめなソフトです。

スターフォックスゼロは正統派のシューティングゲームとしてリリースされました。グラフィックや演出、音楽はとても熱量が高く楽しませてくれる。難易度も徐々に難しくなり何度もチャレンジしたくなるような仕掛けがたくさんあります。

しかし!このソフトを楽しむまでに乗り越えなければならないハードルがあります。

それは独特な操作性・・・!

操作機体である「アーウィン」の操作が独特で最初が無茶苦茶難しいのです。
2本のスティックで機体の操作を、ゲームパッドを傾けてレーザーの照準を合わせます。文章で書くとあまりピンとこないかもしれませんが、コレが慣れるまでがむちゃくちゃしんどい。

左右の異なるスティックで異なる動きを操作し、コレに加えてパッドを傾けて照準を合わせてと一度に3つの操作が要求されます。さらに状況によってはローリングや宙返りもしなくてはならない。いつも2本の手を使って我々はゲームを使っていますが、ジャイロという第3の操作が加わることで最初はめちゃめちゃ戸惑います。

しかし、その最初のハードルさえ超えて操作に慣れさえすれば興奮のゲーム体験が待っている。ステージのクリア条件も厳しいが歯応えのあるものばかり。何より最初はあれだけ操作に苦戦したアーウィンを乗りこなしている感覚になって没入感がとても高い!

操作方法を選択できてもっと敷居を下げたらより多くの人に受け入れられるソフトになっただろうに、そこが凄く残念ではありますね。
万人にお薦めはできませんが、歯ごたえのあるゲームを求めている方におすすめできるゲームです。

関連リンク

ゲーム&ワリオ


おすすめポイント!
  • ボリュームは物足りないけど1800円(2017年10月現在)なら買い!
  • ゲームパッド一個でみんなでわいわい楽しめる!

ゲーム&ワリオはwiiUがローンチされて約3ヶ月後に発売されたミニゲーム集。wiiUゲームパッドを活かしたゲームが合計16種類収録されています。
とはいいもののゲームの種類は様々でいや流石にコレは無理やり入れたでしょ・・・というのもちらほらあります。

でも友だちが来たときにゲーム&ワリオをやりましたが、意外と盛り上がるんですよね〜。ここでは収録されているものの中から盛り上がったゲームを紹介したいと思います。

  1. スケッチ
  2. フルーツ

えっ、たった2つだけ?と思うでしょうが、すいません、2つだけでした・・・。
※ちなみに一人プレイだとゲーマーが神作なのですがあくまで1人利用なので割愛します。

スケッチ

スケッチは出されたお題に対して制限時間内にゲームパッド上でイラストを書き、そのイラストが何なのかをテレビ画面を見ながらみんなで当て合うゲームです。
イラストのお題はゲームパッドを持っている人だけが知ることが出来ます。正解したら正解者にポイントが入ります。
イラストを描いた枚数と当てたイラストの数の合計ポイントで勝者が決まります。

まぁ正直勝者とかはどうでもよくて、これの一番面白いところはやはりみんなの画力が露呈することですね笑
描いてるものがそのままテレビに映し出され、「えっむずかしんだけど笑」「これはなんだwww」とか言い合ってみんなで楽しめます。

逆に「何でこの絵が何か分かったの!?」みたいなこともあり以外なハプニングも楽しめるゲームに成ります。

▼まさにこの動画のように盛り上がれますよ

フルーツ

フルーツはゲームパッドを持っている人が怪盗役となります。怪盗は画面内に大勢いる市民に紛れ込んで怪盗を操作します。
ゲームパッドを持っていない人は画面内のどれが怪盗か、というのを当て合うゲームに成ります。

途中ヒントも出るんですがこれが全くわかりません笑
怪盗役の人はどこに自分がいるかわからないので、分からない人たちをニヤニヤしながら楽しめることが出来きます。

関連リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください