keenのハウザー2 スニーカーのサイズ感・履き心地をレビュー!ハットモックとの違いも比較

この記事はこんな人におすすめです
  • KEENのハウザー2の履き心地やサイズ感が知りたい
  • イマイチな点がないか知りたい
  • 近所にハウザー2が売ってないから試し履きできない
  • メレルのハットモックとどっち買えばいいか悩む・・・

こんにちは、わちろぐです。

keenから発売しているハウザー2というスリッポン型シューズを先日買いました。
見た目はシンプルなものの、中のモコモコ(マイクロフリース)が足を包み込んで、ソフトで温かみのある履き心地が特徴です。

元々KEENのサンダルが好きな私。機能性とデザイン性が私の好みにピッタリでこの夏はかなり履いてました。

わちろぐ
秋〜冬にも気軽に履ける靴はないものか・・・

と思って探して見つけたのが今回紹介する「ハウザー2」でした。
今回はそんな「ハウザー2」を実際に履いて感じたサイズ感や履き心地を紹介していきます!

記事のざっくりまとめ

▼メンズはこちら

▼レディースはこちら

keenについて

KEEN(キーン)は2003年にアメリカのオレゴン洲・ポートランでローリー・ファーストによって設立されました。
KEENの創業モデルは、「サンダルはつま先を守ることができるのだろうか」という思いから生まれたニューポート

他にも、ヨギユニークといったサンダルも開発。

▼私の持ってるKEENのサンダルまとめ

KEENのおすすめサンダル4選!サイズ感と履き心地をまとめて解説

2021年7月25日
KEENのおすすめサンダルまとめを見る

keenはサンダル以外には、今回紹介する「ジャスパー」や「ターギー」といったアウトドアシューズも展開しています。

わちろぐ
タウンユース、アウトドア、海、山まで使える幅広いラインナップのシューズを販売しています。機能性が高く、デザイン性も非常に高いです!

▼メンズはこちら

▼レディースはこちら

ハウザーシリーズの違いについて


「ハウザー」は2010年に発売された秋冬にかけてのウィンターサンダルとして定番のモデルになります。

秋冬用のサンダルとして作られたモデルのため、履くと非常にあったかい!
インソールのサイドにあるモコモコのフリース素材が足を優しく包んでくれ、素足でもかなりポカポカした履き心地です。

ハウザーシリーズは今回私の購入したスニーカータイプの他に、複数のシリーズが展開されています。

名前 ハウザー ツー ハウザー スリー スライド ハウザー ツー チャッカ
画像
重量 328.9 g 265.1 g 記載なし
アッパー ナイロン リサイクルPET リサイクルPET
アウトソール ノンマーキングラバー ノンマーキングラバー ノンマーキングラバー
ミッドソール フットベッド一体型 フットベッド一体型 フットベッド一体型
ライニング マイクロフリース マイクロフリース マイクロフリース
フットベッド LUFTCELL PU LUFTCELL PU LUFTCELL PU

ハウザー スリー スライド

ハウザースリースライドは2021年に登場したモデルです。
アッパーにはリサイクルPET素材が採用され、環境に配慮されたモデルになっています。

特徴はカカト部がハウザーツーと比べて低くなっている点。
足の出し入れがよりしやすくなったモデルになります。

ハウザー ツー チャッカ


ハウザーツー チャッカはヒールの高さが高い、ミッドカットモデルです。
足元の防寒を重視する人におすすめです。

ハウザー2 スニーカーについて


ここからは私が購入したハウザー2 スニーカーのサイズ感・履き心地・デザインを見ていきたいと思います!

サイズ感

今回購入したサイズは27.0cm。

普段履いてるサイズが26.5cmか27.0cmです。
試し履きの際はもうワンサイズ上の27.5cmも履いてみましたが、27.0cmでジャストフィットでした。

わちろぐ
厚手の靴下を履いてもちょうどいいサイズ感です

足を曲げるとこんな感じ。

足の親指は写真の指を示している位置くらいにあります。

この時はちょい厚手の靴下を履いていましたが、キツくもなくゆるくもなくちょうど良いサイズ感でした。

履き口部の左右が伸縮性のある造りのため、フィット感が担保されるような作りになっています。

どのサイズを買えばいい?

横幅は広めで足の幅が広い私でも余裕があります。
アッパーの高さも十分なので締め付け感もなく快適です。

足の幅広の方は普段履いているサイズから+0.5cmを。
そうじゃない方は普段のサイズで十分だと思います。

ちなみに購入前のサイズ感を知る場合は、返品無料で試し履きのできるネット通販がおすすめです。
個人的おすすめはアマゾンのプライムワードローブです。

おすすめの理由
  • セール品でも返送料が無料で7日間試し履きできる
  • アプリから簡単に返品手続きができる
  • ハウザー2も試し履きできる
  • 違うカラー、違うサイズの靴を同時に試し履きできる

プライムワードローブの体験記事はこちら

わちろぐ
まずはプライム会員になって、1週間の試し履きでサイズ感をチェックしてみましょう。
試し履きの際は素足は禁止されています。
ハイドロモックの場合、普段履いている靴のサイズに加え、1cm大きいサイズも同時に注文してフィット感を確かめるのがおすすめです。

履き心地

履き心地は非常に快適です。

靴中のフリース素材のおかげで、足の体温が靴の中に保温されてポカポカと暖かいです。
足を入れた際も滑らかな感触で履いてて気持ちのいい靴です。

アウトソールは厚め。

こちらは中敷。カカトが分厚くて、クッション性があります。

反面、つま先部分のクッション性は弱くちょい硬めです。

ゆとりのある履き心地でフィット感という点は弱く、長時間の歩行には向いていないと感じました。

わちろぐ
活用シーンは秋冬の冷えた際のお出かけ用シューズとしてピッタリです。
他に、部屋履き・オフィスようの靴としてもおすすめできます。

外観

ここからは、ハウザー2 スニーカーの外観を見ていきたいと思います。
今回私が購入したのは「黒」!


KEENの他の記事でもこれは何回も書いているのですが笑、余計な装飾がなく機能性を追求したデザインが非常に好きです。

横から見るとこんな感じ。

正面から見た図

後ろから見た図

アウトソールはこんな感じです。

アウトソールは前述の通り結構硬めでクッション性は低めです。
また、コンクリート上ではグリップ力はありますが、濡れたところではちょっと滑りやすかったです。

▼メンズはこちら

▼レディースはこちら

ハウザー2 スニーカーのいい点イマイチな点

ここからは実際に履いて感じた、ハウザー2 スニーカーのいい点・イマイチな点を紹介します。

いい点

  • 中のモコモコがあったかくて快適
  • シンプルなデザインで日常履きもできる
  • 脱ぎ履きしやすい
イマイチな点

  • クッション性は低いので長時間方向には向かない
  • 夏場は暑いかも

◯:中のモコモコがあったかくて快適

一番良いなと感じた点は、中のモコモコ(フリース)!

履いた際の保温性が抜群で履いてからすぐに足元が暖められます。

わちろぐ
(人によりますが)靴下を履くとさらに保温性が増します。

冷え性の人は足にカイロを貼るとさらに効果が増すと思います。

◯:シンプルなデザインで日常履きもできる

シンプルなデザインでコーディネートがやりやすいのもポイントです。

わちろぐ
KEENはアウトドアシーンを想定したシューズが多いのですが、ハウザー2スニーカーはタウンユースでも使えます。

◯:脱ぎ履きしやすい

靴紐がなくても足にフィットするため、脱ぎ履きしやすく楽です。

△:クッション性は低いので長時間方向には向かない

カカト部分クッション性はある程度ありますが、歩行時は全体的には硬い印象です。
長時間歩行は向かないと思います。

△:夏場は暑いかも

中のフリースが保温性があっていいのですが、夏場は流石に向きません。
(ウィンターサンダルという位置付けなので当然ですが笑)

実はKEENの真骨頂は、「ニューポート」「ユニーク」といった夏場に履くサンダルです。
私もこの夏かなり愛用しました。

▼詳細はこちら

KEENのおすすめサンダル4選!サイズ感と履き心地をまとめて解説

2021年7月25日
KEENのおすすめサンダルまとめを見る

▼メンズはこちら

▼レディースはこちら

メレルのハットモックとの違いは?


同じくアウトドアシューズを発売しているブランド「メレル」から発売されている「ハットモック」との違いを解説します。

わちろぐ
両方とも秋冬用のウィンターサンダルとして作られており、コンセプトが似ています。
ただ比較すると重さやクッション性などにかなり違いがあります。
“ハットモックとの違い”
  • メレルのハットモックの方が軽量(ハウザー2の約半分)なのでライトに履ける
  • ハットモックはカカトを踏んで歩けるのでサンダル要素がハウザー2より強い
  • クッション性・保温性はハウザー2スニーカーの方が上。ハットモックを履く場合は厚手の靴下を履くといいかも
名前 ハウザー ツー ハットモック
画像
重量 328.9 g 160g
アッパー ナイロン リップストップナイロン
アウトソール ノンマーキングラバー EVA素材
ライニング マイクロフリース EVAインソール

ハットモックの方が軽量


ハウザー2スニーカーの重量が328gに対して、ハットモックは160gと約半分!
見た目の印象以上に軽い!というの第一印象でした。

ハットモックをカカトが踏める

ハットモックの大きな特徴、「カカトが踏める」。

こんなふうにカカト部の素材ゴムになって他の箇所と異なっています。
伸縮性があって踏んでもすぐに元に戻るため脱ぎ履きが楽な作りになっております。

ハットモックの欠点は素足で履くと痛いこと

ハットモックの場合、インソールと本体の継ぎ目に遊びの部分があります。

これが素足で履くと擦れて痛いんですよね・・・。
そのため、厚手の靴下を履くのをお勧めします。

対してハウザー2スニーカーは遊びの部分もなく、全体的に柔らかいため素足でも十分履けちゃいます。

わちろぐ
どちらも特徴がありますが、個人的には素足でも履きやすいハウザー2スニーカーの方が好みだったりします。

まとめ

以上、KEENから発売されているハウザー2スニーカーのレビューでした。
全体的に造りがしっかりしており、機能性も抜群!

ウィンターサンダルとして完成度が高くコストパフォーマンスに優れたシューズです。
保温性があるので特に足先の冷え性の方なんかにはおすすめなのではないでしょうか。

いい点

  • 中のモコモコがあったかくて快適
  • シンプルなデザインで日常履きもできる
  • 脱ぎ履きしやすい
イマイチな点

  • クッション性は低いので長時間方向には向かない
  • 夏場は暑いかも

▼メンズはこちら

▼レディースはこちら

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonチャージを利用すれば最大2.5%のポイント還元されます

  • チャージ額×最大2.5%のAmazonポイントが必ずたまります
  • さらに現金でチャージすると初回限定で1000ポイントもらえます





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください