ポーター ビート 横型ショルダーLを正直レビュー!収納に優れかゆいところに手が届くシンプルバッグ

ポーター・ビート・横型ショルダーL

こんにちは、わちログ(@wachilog)です。

先日超久しぶり(約5年ぶり?)にショルダーバッグを購入しました!
購入したのは「ポーター ビート 横型ショルダーL」。

およそ2週間使用しましたがとても使い勝手が良く満足しております。
とはいえもちろん世の中完璧なものはないもの。
この記事では良い点、そして個人的にイマイチだなと感じた点を含めて紹介してみようと思いますよ!

ポーター ビート 横型ショルダーLをなんで買った?

私が前まで使っていたバッグはユニクロで購入したショルダーバッグ。
10年以上使ってて、まだ使えたんですがいい加減ボロボロだったんですよねー。
特に裏側がひどかった。。。

わちログ
これは流石に買い替えやわ・・・

ということで買い替えを決意!
使い慣れたバッグがいいということで、引き続きショルダーバッグにしようと思いました。

購入前にイメージしていたのはこんなカバン

  1. Macbook pro13インチが入る
  2. デザインがシンプル!
    飾りのないシンプルなデザインが好きなのです
  3. ちょっと高くてもいいもの!
    めちゃめちゃ高いカバンをじゃなくてもいいですが、長い間使いたいのでしっかりして使いやすいものを。

ということで購入したのがこちら「ポーター ビート 横型ショルダーL」。
ポーター・ビート・横型ショルダーL

MacBookPro 13inchは余裕で入りました

余計な飾りがなくシンプルなデザイン!

価格は税込で16,200円(購入した2019年2月1日時点の価格)

という個人的にドンピシャなショルダーバッグ。使い勝手もかなりよかったです!
といっても前のカバンが古すぎたせいもありますが・・・笑

普段バッグにこだわるという正確ではないので価格は安いのか高いのか・・・。
これは人の価値観の違いだとは思いますが私はとても買ってよかったなぁと思います。

ポーター ビート 横型ショルダーLをチェック!

さて、次はカバンについて紹介しますよ!

バッグの大きさ

さて、まずバッグ自体の大きさを見ていきたいと思います。

横幅は38cm、高さは26.5cmです。

おもて面の素材はコットンキャンバス。ざらっとした触り心地です。

横から見るとこんな感じ。
正面から見ると薄い印象を受けるんですが、横から見るとカバン下に行くに従って幅が広くなっています。

入り口部分は幅約8cm、底の方は幅約13cm(外ポケット入れると15cm程度)になります。

下に行くに従って幅が広くなる構造のおかげで、実際に使ってみると思った以上に色んなものを入れることができます。
ただし入り口の幅が狭いのでいっぺんにいろんなものは取り出しづらいですね。(そんな場面滅多にないからいいんですが)

こちらは肩にかけるひも。割とこの状態でマックスまで伸ばしています。
バッグ〜肩までの長さは53cm。合計だと1m10cmほどです。

メインポケットの中を紹介

ポーター ビート 横型ショルダーLはポケットが2つあります。
まずはメインポケットの中を見ていきたいと思います。

メインポケットの中。内側の素材はターポリン、ナイロンオックス(一部ナイロンパイル)で防水が施されています。

ポケットのジッパーを開け閉めする紐。しっかり頑丈につけられています。

ポケットを全力で開いた図。かなり大きく開けられますよ。

メインポケットの中にもう一つチャックのポケットがあります。

封筒(長形3号封筒)がすっぽり入る大きさとなっております。手帳やノートを入れるのに役立ちそうですね。

外側ポケットの中を紹介:仕切りがたくさんあって小物もバッチリ入ります

次に外側ポケットです。
外側ポケットはご覧の通り仕切りが沢山あります。

一番外側はB5サイズのノートがスポット入る大きさです。

キーフック。意外と奥の方にあります。私は今の所使っていないです。

内側にもう一個ポケット。

ポーター ビート 横型ショルダーLの使い心地の感想

バッグの外・中をざざっと見たところで、実際私が使って思った「良い点」「イマイチな点」をまとめてみました!
全ての人に当てはまるというわけではないと思いますが、参考にしてみてくださいね。

いい点

  1. かゆいところに手が届く外ポケットの仕切り
  2. シンプルなデザインなので仕事でもプライベートでも使える
いまいちな点

  1. 幅が広いのでパソコンが横に傾きやすく、バッグの形が崩れる時がある
  2. 布地が黒いので埃やフケが着くのが結構目立ちます

ひとつずつ見ていきます。

ポーター ビート 横型ショルダーLのいい点

かゆいところに手が届く外ポケットの仕切り

マックブックが入れられるのは必要要件だったのですが、外ポケットの細かい仕切りは嬉しい誤算でした!

特に出先でパソコン以外にもノートとペンも私は使います。

▼このペンを入れるポケットはかなりよい。

素材も硬くクリップに挟めばしっかりと止めることができます。ちなみにペンは2本まで入れることができます。

他にも名刺入れサイズのポケットもあります。

細々とした小物を整理して入れることができます。
以前はこういう仕切りがないのでぐちゃっとしていたのですが、細かく仕切りがあるのでペン・ノート・名刺といった小物類が散らからずにそのまま入れることができるのはかなり便利。

シンプルなデザインなので仕事でもプライベートでも使える

デザインはご覧の通り超シンプル。

派手すぎずかといって固すぎない、仕事でもプライベートでも使え、実用的なデザインで私的にはかなり好みです。

ただ形状は丸みを帯びてて、どちらかというとカジュアル寄り。
素材もざらっとしており、かっちりした雰囲気が合うスーツで出社する方はもしかしたら合わないかもしれません。
(私の会社の場合は私服なので、このようなバッグでも全く問題ありません)

ポーター ビート 横型ショルダーLのいまいちな点

次に使っていてちょっとイマイチだなと思った点です。

幅が広いのでパソコンが横に傾きやすく、バッグの横幅が膨らむ時がある

ポーター ビート 横型ショルダーLは奥の方に行くに従って幅が広くなるバッグ。
上下の差が5cmほどあるため、ノートパソコンを入れると傾きます。

ちょっと上の画像だとわかりづらいのですが、外から見るとこんな感じ。

こっちは何も入ってない状態。

ノートパソコンが傾いた分だけ幅が広くなっているのがわかります。
これによって困るのは主に2点

  1. 幅をとる分電車に乗るときに人に当たりやすい
  2. ノートパソコンが傾いている分、奥の方にあるため取り出しづらい

とはいえ形がある程度膨らむのはしょうがないですね。
私の場合以前のカバンは上下の幅が一緒だったので余計に気になりやすいのかもしれません。(慣れかなー)

布地が黒いので埃やフケが着くのが結構目立ちます

デザインが黒く、カバン表面がざらっとしてて凹凸があるため、埃やふけが割と目につきやすいです。
ここは黒いデザインをチョイスしたからしょうがない部分でもあります。
こまめに手入れするのがよさそうです。

▼ちなみに色は黒意外に「ベージュ」「グリーン」の2種類あります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
良い点もイマイチな点ありますが、私は良い点の方が強いので使っていて満足なカバンでした。
特に私は仕事でもプライベートでもパソコンを使い、取材を兼ねてノートとペンも使うので細かいところまで行き届いた収納に使い心地の良さを感じています。

こちらのレビューが参考になれば幸いです。

▼色違いはこちら

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonチャージを利用すれば最大2.5%のポイント還元されます

  • チャージ額×最大2.5%のAmazonポイントが必ずたまります
  • さらに現金でチャージすると初回限定で1000ポイントもらえます





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください