安いけど大丈夫?山善 電気ケトルYKG-C800を1年半使ったレビュー!【問題なく使えてます】

こんにちは、わちろぐ(@wachilog)です

この記事はこんな人におすすめです
  • 山善 電気ケトルYKG-C800を買おうか迷って、リアルな感想が知りたい
  • 類似製品より安いけど問題なく使えるか不安な人

私は朝にコーヒーを飲んでいるんですが、以前はコンロを使いヤカンでお湯を沸かしていました。
その際の悩みが・・・。

わちろぐ
沸騰するまでその場を離れられないし、コーヒーが熱くて中々飲めない。
何とかしたいなぁ。

そんな時に知ったのが自動で温度調整のできる電気ケトルでした。

わちろぐ
自分好みの温度に調整して沸かしてくれるから、コーヒーが飲みやすくなった!
沸かしている間に、コンビニとかにも出かけられるし便利!

私の購入した電気ケトルは「山善 電気ケトルYKG-C800」。
今回は山善 電気ケトルYKG-C800を紹介します。

山善 電気ケトルYKG-C800とは?


山善 電気ケトルYKG-C800は、株式会社山善が販売している電気ケトルです。

山善の製品は電気屋さんなどでよく見かける方も多いかもしれません。
ジェネリック家電と言われる、低価格家電を販売しています。

ジェネリック家電とは?
ジェネリック家電は、1世代前の技術を利用し、機能を絞って低価格を実現した家電。
わちろぐ
最低限の機能で価格重視の方におすすめですね。

今回私が購入したのは、電気ケトルYKG-C800。

わちろぐ
まず外観から見ていきたいと思います!

外観

山善 電気ケトルYKG-C800は、「ケトル」と「電源プレート」の2つから構成されています。
電気プレートの上にケトルを置いて水を沸かします。

ケトル

まずケトル部分。細長いシルエットが特徴。

表面はざらっとした感触。

取手部分はこんな感じ。

持ち手の部分はしっかりしており、持ちやすいです。
ケトルの本体から距離が離れています。
持った時に、沸騰して熱くなった本体に手が触れないようになっていますね。

注ぎ口です。じょうろのような形で、細長いのが特徴。

注ぎ口が細いお陰で、お湯の量の微調整がかなりしやすいです!

フタです。

こちらも持ち手は十分大きいです。

フタを外す時はちょっと力が入ります。

片手で真上に抜こうしても外せません。取手部分を抑えながらフタを外す必要があります。

わちろぐ
コツを掴むと簡単ですが、最初のうちは慣れないかも・・・。

ケトルの中身はこんな感じ。ステンレス製です。

山善 電気ケトルYKG-C800800mlまで水を入れることができますよ。

「MAX」という文字があります。水をここまで入れることができますな。

電源プレート

次は電源プレート。

プレートの上にケトルをのせてお湯を沸かします。

ケトルの裏面はこんな感じ。

ドッキング。

わちろぐ
ドッキングする方向は特に意識しなくて大丈夫です。楽チン。

機能

山善 電気ケトルYKG-C800の機能を見ていきます。
電源プレート部分がタッチパネル式になっています。
電源アイコンをタッチすると起動します。

タッチすると、「ピッ」という音が鳴ってこんな画面が表示されます。

真ん中の数字が現在の水の温度ですね。

お湯は大きく、「温度を選択して沸かす」「沸騰(100度)させる」の2パターン!

温度は60度〜100度まで設定可能。
「温度選択」という文字を押すと、60度から5度〜10度刻みで温度を設定することができますよ。

(1度単位で指定したい場合は、温度表示部分の「+」「➖」部分で調整します。

わちろぐ
私の場合、コーヒーやインスタント味噌汁を飲む場合に利用し、温度は80度で設定しています。
熱すぎず、温すぎずちょうどいい温度です。

沸かした後の保温も60分まで可能です。

沸騰までにかかる時間は4分半〜5分ほど

普通に沸騰させる場合は、完了までに4分半〜5分ほどかかります。
沸騰時間をもっと短縮したい場合、山善から1200wモデルも販売されているのでこちらを選びましょう。

わちろぐ
1200wモデルだと沸騰まで約2〜4分だそうです。
私の購入したモデルは1000w。今のモデルの沸騰時間でも十分便利です。

山善の電気ケトルを1年半使って感じた「○:いい点」「△:イマイチな点」

ここからは私が1年半つかって感じた「いい点」「イマイチな点」を紹介します!

○:いい点

  • 60度〜100度の間で細かい温度調整ができる
  • シンプルなデザインでインテリアとしてもよい
  • 類似商品よりも安い(けど、機能差は対してない)
  • 注ぎ口が細くお湯が入れやすい
△:イマイチな点

  • ふたが硬い(徐々に慣れます)
  • タッチの場所が悪いとタッチパネルが作動しない
  • 指定温度近くになると温度が中々上がらない

○:60度〜100度の間で細かい温度調整ができる

まずは何と言っても、お湯の温度調整機能!

60度〜100度の範囲で1度単位で細かく指定をすることができます。

購入前はヤカンでお湯を沸かしていたわけですが、沸騰していたお湯を使っていたのでコーヒーがとにかく熱い!
山善 電気ケトルYKG-C800は温度調整ができるため、自分のちょうどいい温度でお湯を沸かすことができます。

また、自動で沸かしてくれるので、その場を離れてもOKというのもとても良かったです。

わちろぐ
お湯を沸かす間にコンビニ行って買い物することもできますな。

○:シンプルなデザインでインテリアとしてもよい

次にデザイン。全体的に黒一色で非常にシンプル。

電気ケトルというと、寸胴の形状をイメージしていますが、こちらは余計な装飾がなくスタイリッシュという印象でした。

○:類似商品よりも安い(けど、機能差は対してない)

山善は「ジェネリック家電」を販売しています。
山善 電気ケトルYKG-C800もジェネリック家電なわけですが、類似商品の価格帯より40〜50%ほど安いです。

・・・の割に、機能は大きく変わりません。

○:注ぎ口が細くコーヒーが入れやすい

注ぎ口が細く、お湯を入れる量が非常にコントロールしやすいです。

△:ふたが硬い(徐々に慣れます)

イマイチな点の1つ目、ふたが硬く最初のうちは外すのに苦労しました。

上の写真では片手で外していますが、実際は両手必要です。
フタが硬いため、無理やり抜こうとするとケトル本体ごと持ち上がってしまいます。(無理やりやると最悪、ひっくり返ってしまいます。)

片方の手で取手を抑えながら、フタを外す必要があるので意外と手間です。
(と言っても、あんまり簡単に外せちゃうとそれはそれでお湯が溢れて危ないのですが)

慣れないうちはちょっと大変かもしれませんん。

△:タッチの場所が悪いとタッチパネルが作動しない

たまにですが、タッチ箇所が悪いからかタッチをしても反応しない時があります。
もうちょっとタッチ可能範囲が広かったら良かったかもしれませんね。

△:指定温度近くになると温度が中々上がらない

お湯を温度指定で沸かす際、指定した温度の-5度位から温度の上昇が緩くなります。

「まだか・・・!?」と、ちょっと焦らされる場合あります。

わちろぐ
と言っても、1,2度は誤差なので急いでる時はそのままお湯を入れてしまいます

買ってわかった範囲で答えます!Q&A

Q.カラーは白と黒どっちがいいと思う?

わちろぐ
正直好みだと思いますが、amazonのレビューを見る限りは「黒」の方がいいのではないかと思います。
というのも、白は電源プレート部分のタッチパネル部分のデザインが残念な仕様になっているようだからです。

該当のamazonレビューを見る

Q.電気代はかかる?

わちろぐ
私の場合は1日1回、5分程度しか利用しないので気になりません。
1000wの電気製品の1時間あたり約22円です。保温機能を使うと高くなるかもしれませんね。

Q.最新版のEGL-C1280とどっちを買った方が良さそう?

2020年に山善から最新モデルが販売されています。

機能自体に大きな差はありません。
デザインワット数1200wと増えていることが大きな違いです。

わちろぐ
私の場合、今だったら最新版を買うと思います。
理由は2点

  • 価格差が約2000円(2020年8月13日時点)。ずっと使う物なので2000円程度の価格差だったら最新版を選びます
  • デザインが単純に好み笑

まとめ:安かったけど問題なく使えてます。QOL上がりました

以上、山善 電気ケトルYKG-C800の紹介でした。
買って1年半、同系統の製品よりも安かったのですが問題なく使えて非常に満足しています。

▼1200wの電気ケトルも出ています

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonチャージを利用すれば最大2.5%のポイント還元されます

  • チャージ額×最大2.5%のAmazonポイントが必ずたまります
  • さらに現金でチャージすると初回限定で1000ポイントもらえます





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください