【三崎・葉山・横須賀】行くならどこ?京急電鉄おとくなきっぷを紹介

京急本線

こんにちは、わちログです。

今回は京急電鉄が販売している「みさきまぐろきっぷ」「葉山女子旅きっぷ」「よこすか満喫きっぷ」を紹介しようと思います。
これらのきっぷはに共通しているのはお得なことです。

以下がセットで3,050〜3,500円!
往復乗車券+食事券+施設入場チケットorお土産
ちなみに普通に自分で全て払おうとすると4,000〜5,000円程度はかかる内容です。

この中では「みさきまぐろきっぷ」が有名ですね。
がしかし、「葉山女子旅きっぷ」「よこすか満喫きっぷ」も中々満足度の高いきっぷなのです。

せっかくなのでみさきまぐろきっぷ以外の内容を知ってもらいたい・・・!
という思いから、ここでは、3つのきっぷすべて利用して日帰り旅行してきた筆者が、それぞれのきっぷの特徴を書いていこうと思いますよ。

コレをきっかけに皆さんの旅行の選択肢の幅が少しでも広がることを祈ります。

各切符の特徴

では、それぞれのきっぷの特徴を書いてみます。

  1. みさきまぐろきっぷ
    三崎は行動の選択肢が多い。初めての人は三崎の旅行をおすすめしますよ
  2. 葉山女子旅きっぷ
    文字通り女性向け。海を見ながらボーっとするのに最高
  3. よこすか満喫きっぷ
    アメリカンな雰囲気と横須賀の海が両方楽しめるきっぷ。他2つと比べると歩きの移動が多いかも

それでは、それぞれのきっぷを見ていきたいと思います!

みさきまぐろきっぷ

とろとろ丼
みさきまぐろきっぷは、三浦半島の三崎を満喫できるきっぷです。

他のきっぷよりも行動範囲が広く、選択肢が多いので何度でも楽しめるきっぷです。
また、「まぐろ」という嫌いな人は殆どいないんじゃないかという、食の名物があるのが強みです。

三崎の主要エリアについて

三崎では大きく「三崎港」「城ヶ島」「油壺」の3つのエリアに分かれています。

三崎の場合施設の閉館時間が17時前後のため、朝早くから行かないとすべてを一日で回るのはちょっと厳しいです。
それぞれのエリアの移動しやすさ含めて、何が楽しめるかを把握した上で効率よく回ることをおすすめしますよ。

【おすすめルート1】「三崎港」「城ヶ島」でマグロ料理と三崎の自然を満喫
三崎港周辺はみさきまぐろきっぷで食事のできるお店が数多くあります。
三崎港

三崎港にある「うらりマルシェさかな館」という施設では魚を販売。
まぐろころっけなんかも食べることが出来ますよ。

城ヶ島では「県立城ヶ島公園」や「馬ノ背洞門」といったスポットがあります。
晴れたら海岸沿いを歩いて海の自然が感じられる場所です。

※写真は馬ノ背洞門
馬の洞入門

【おすすめルート2】三浦海岸駅でランチを取って油壷で水族館を満喫
油壺マリンパーク

油壷では「油壺マインパーク」という水族館があります。
オープンして約50年たち、どうしても古いという印象は拭えませんが、中々どうしてアシカやイルカのパフォーマンスショーはしっかり楽しちゃいます。
屋内でやっているので雨の日でも楽しめる場所ですよ。

油壺の場合、三崎港や城ヶ島方面とはバスの路線が異なるため、三崎港・城ヶ島方面へ移動しようとするとちょっと面倒です。
また、きっぷで食事を取れる場所も2箇所しかありません。

三崎口駅の一駅手前、三浦海岸駅でみさきまぐろきっぷの食事券でランチを取るのをおすすめしますよ。

▼みさきまぐろきっぷの詳細記事はこちら!

とろとろ丼

おすすめルート|初めてのみさきまぐろきっぷでの旅行に!三崎港・油壺・城ヶ島もご紹介

2018年1月13日

葉山女子旅きっぷ

森戸海岸

葉山女子旅きっぷは、逗子市の南にある町、「葉山町」を満喫できるきっぷです。

葉山は観光客が少なくとても静かな場所です。
日頃仕事などでストレスを抱えている時、静かな海岸で海をボーッと眺めると精神的に癒やされます。

観光客が少ない理由として、葉山の近くに「鎌倉」という日本有数の超有名観光地があり、そちらに人が流れているせいだと推測します。

私のおすすめは「葉山しおさい公園」や「森戸海岸」をといった観光スポットをバスで巡る小旅行です。

特に森戸海岸の夕焼けは一見の価値ありです。
森戸海岸の夕焼け

また、葉山は海岸沿いに女性を意識している喫茶店やパン屋が点在しています。

と、こんな感じで切符名通り、どちらかと言うと女性の方が楽しめる場所が葉山です。

▼葉山女子旅きっぷの詳細記事はこちら!

一色海岸

葉山日帰り観光スポット6選!おすすめルートも一緒に紹介

2017年12月5日

よこすか満喫きっぷ

ネイビーバーガー

最後によこすか満喫きっぷ。
横須賀と言えば、スカジャンやネイビーバーガー、海軍カレーといった、アメリカや海軍にちなんだ文化が色濃く残る場所です。

横須賀港付近では「YOKOSUKA軍港めぐり」や「戦艦三笠の見学」が楽しめます。
※YOKOSUKA軍港めぐりはよこすか満喫きっぷとは別料金が必要

またちょっと足を伸ばして浦賀方面へ行けば、海岸沿いには横須賀美術館や観音崎公園といったアート・自然が楽しめますよ。

よこすか満喫きっぷの場合、特に横須賀中央駅を中心として、「ドブ板通り」や「YOKOSUKA軍港めぐり」を楽しみたい場合は、バスの本数がないため少し歩く必要がありますね。

▼よこすか満喫きっぷの詳細記事はこちら!

戦艦三笠

横須賀日帰り観光スポット7選!よこすか満喫きっぷ利用のおすすめルートを紹介します

2017年11月30日

まとめ

いかがでしたでしょうか?

京急のおとくなきっぷはみさきまぐろきっぷが有名(かつ満足度も高い)ですが、葉山・横須賀も十分に楽しめる場所なのでもしよかったら検討してみてくださいね!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください