旧軽井沢銀座通りの食べ歩きグルメ6選!

こんにちは、わちログ(@wachilog)です。

長野県北佐久郡にある軽井沢
東京からだと北陸新幹線に乗車して約1時間。標高は945mで避暑地として有名ですね。

関東からだと新幹線で気軽に行ける軽井沢、そんな軽井沢にある「旧軽井沢銀座通り」でという通りで食べ歩きをしてきました。
ということで、今回は旧軽井沢銀座通りで私が食べた食べ歩きグルメを紹介しますよ!

▼食べ歩きの様子を動画でもチェック!


youtubeでも動画をちょっとずつ発信しているので、もしよければチャンネル登録お願いします♪

旧軽井沢銀座通りについて

旧軽井沢通り

旧軽井沢銀座通りは約500m続く通り。
「旧軽井沢メインストリート」「旧軽銀座」とも呼ばれています。江戸時代は中山道の宿場町として栄えていましたが、その後は鉄道の開設に共に宿場町といての役目を終えました。

明治に入って多くの著名人が軽井沢で別荘を設け、別荘族御用達の商店街として発展しました。

駅から行く場合はレンタサイクルがおすすめです

軽井沢駅から行く場合、徒歩だとご覧の通り30分ほど歩きます。

車じゃない場合個人的オススメはレンタサイクル。
軽井沢のレンタサイクル

軽井沢は避暑地として有名!夏場は東京と違いかなり涼しいので自転車で風をきって軽井沢を巡るのもいいと思いますよ!

ちなみにレンタサイクル屋は、軽井沢駅前にいくつかあります。駅前からレンタルしていくといいと思います。
軽井沢のレンタサイクル料金表

さて、次は旧軽井沢銀座通りの食べ歩きグルメの紹介!

腸詰屋軽井沢銀座中央店でアツアツの手作りソーセージ

腸詰屋外観
まず通りに入ったところにある腸詰屋。こちらは軽井沢に4店舗ほどあり、歩くと結構見かけます。
腸詰屋はハム・ソーセージを販売するお店。本社は群馬県太田市にあり、軽井沢以外に鎌倉や那須にもお店があります。

店頭ではこのように太いソーセージを焼いています。目立っていたのでついつい寄ってしまいました笑
腸詰屋店頭でソーセージを焼く

購入するとソーセージにパンを挟んだ簡単なソーセージドッグが。
プレーン
ソーセージは種類があり私が買ったのはプレーン。
他にも

  • フランク
  • カリー
  • バリアンターブ
    パプリカとバジルの風味が効いている
  • カラブレッサ
    ニンニクと唐辛子が効いたスパイシーなソーセージ

なんかがありました。

店頭にはケチャップとマスターとが置いてあります。

焼きたてなのでアツアツ!カリッとしていてめっちゃジューシーで美味しかったです。

腸詰屋軽井沢銀座中央店
■住所
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東19-5
■営業時間
10:00~18:00
水曜定休
■URL
公式サイト

ミカドコーヒーで甘苦いモカソフトクリームを食べる

ミカドコーヒー外観
ミカドコーヒーは東京の日本橋に1948年にオープン、その後の1953年に軽井沢店がオープンしました。
写真は写しませんでしたが、人気店なのか結構並んでいました!

名物のコーヒー風味のモカソフトを購入!
モカソフト

この日は真夏日。避暑地とはいえそれでも暑いのは事実!
滑らかで苦甘いソフトクリームはうましでした。
モカソフト2

ミカドコーヒー
■住所
長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢旧軽井沢786-2
■営業時間
10:00~17:00 (季節により異なる)
■URL
公式サイト

ちもと総本店の焼き団子を食べる

ちもと総本店外観
通りの端の方にある「ちもと総本店」。

こちらでは焼き団子を購入!
しょうゆ味が効いててもちもちして美味しかったですね〜。
焼き団子

ちなみに焼き団子以外に甘味もあります。こんな感じで店内で食べる席もありますよ。
チモト総本店外観2

ちもと総本店
■住所
長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢691-4
■営業時間
10:00~18:00
8月は9:00~21:00

軽井沢のコロッケ屋さんでポテトコロッケを食べる

軽井沢のコロッケ屋さん外観
旧軽井沢銀座通りのメインストリートからちょっと外れたところにある「軽井沢のコロッケ屋さん」。
その名の通りコロッケを販売しております!

奥まった方にあるのでちょっとわかりづらい立地なのですが、何人か並んでいました。
注文すると番号付きのベル(?)を渡されます(受け取れるタイミングになるとバイブレーションが起動します)。

私が購入したのはノーマルなポテトコロッケ!
出来立てでかなりアツアツ、衣がサクッとしててかなりうまし。

ソースも豊富にあるのでお好みのをかけるといいですよ。
ちなみに私がかけたのはオーロラソースでした笑

軽井沢のコロッケ屋さん
■住所
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢634 しむらビル 1F
■営業時間
10:00~18:00(季節変動あり)
冬期休業(11月下旬~4月下旬)

SAWAYAでピロシキを食べる

SAWAYA外観
旧軽井沢銀座通りのメインストリートから外れ、「テニスコート通り」を進むとあったのがSAWAYA。

SAWAYAの店内はジャムなどを販売。
SAWAYAの店内2

イートインスペースもあります。
SAWAYA店内

さて、私が注文したのが・・・・

ピロシキ!
SAWAYAのピロシキ

なぜピロシキなのか?
というと創業当初ロシア料理が軽井沢で人気だったからのようです。

SAWAYAha1950年代に創業しました。創業当初は軽井沢在住のロシア人が営むロシア料理店「ピロシキ」が人気を集めていたようです。
そのピロシキの味を再現したのがここのピロシキになります。

SAWAYAのピロシキは具がたっぷりでうまし!粗挽きの合挽き肉やゆで卵など具沢山です。
SAWAYAのピロシキ2
ピロシキは油で揚げてカリッとしている印象なのですが、こちらのピロシキの皮はふわっとしています。
それが家庭的な味を感じられてうましでしたよ!

SAWAYA
■住所
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢746-1
■営業時間
9:00~18:00(LOは17:00)
■URL
公式サイト

駅舎旧軽井沢でわさび豚まんを食べる!

駅舎旧軽井沢外観
さて、最後に紹介するのが「駅舎旧軽井沢」。
旧軽井沢銀座通りからは外れ、軽井沢駅方面に少し歩いた場所にあります。
お店ではお土産などを販売しています。

駅舎旧軽井沢 わさび豚まん
目についたのがこちらの肉まん。皮がみどり色の「わさび肉まん」です笑

ということで購入。
写真だと緑の印象がちょっと薄れますが、通常の肉まんと比較するとやはり緑色が際立ちます笑
わさび豚まん

そのままの状態でもわさびの香りがほんのり漂っていましたが、食べると鼻にツーンとしたわさびの香りがさらに広がります!
・・・が、意外と豚肉とあいます。
わさび豚まん2
見た目は緑色で最初は抵抗感あるかもしれませんが、結構美味しいです。わさびが苦手じゃなかったら、ぜひ食べてみるのをおすすめします!

駅舎旧軽井沢
■住所
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢813 駅舎旧軽井沢 1F
■営業時間
9:00~18:00 (季節により変動)

ということで、旧軽井沢銀座通りの食べ歩きグルメの紹介でした!
通り沿いはまだまだ色々なお店があるので、ぜひ色々巡ってみてくださいね。

まとめ:旧軽井沢銀座通り食べ歩きマップ

番号 1 2 3 4 5 6
写真 腸詰屋外観 ミカドコーヒー外観 ちもと総本店外観 軽井沢のコロッケ屋さん外観 SAWAYA外観 駅舎旧軽井沢外観
店名 腸詰屋 ミカドコーヒー ちもと総本店 軽井沢の
コロッケ屋さん
SAWAYA 駅舎旧軽井沢
営業時間 10時~18時
水曜定休
10時~17時
季節により異なる
10時~18時
8月は9時~21時
10時~18時
11月下旬~
4月下旬休業
9時~18時 9時~18時
季節により変動

▼食べ歩きの様子を動画で見る


youtubeでも動画をちょっとずつ発信しているので、もしよければチャンネル登録お願いします♪

食べ歩き記事はまだまだあります!地図・リストから探したい方はこちら

栃木県の食べ歩き記事
静岡県の食べ歩き記事





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください