高幡不動尊金剛寺の食べ歩きグルメ5選!新撰組で有名なスポットで饅頭やたい焼きを食す

こんにちは、わちログ(@wachilog)です。

今回紹介するのは東京都日野市にある高幡不動尊金剛寺!

東京都の日野市といえば新撰組のふるさととして有名。副長の土方歳三や井上源三郎の出身地です。
そしてもう一つのスポットが高幡不動尊!

今回はそんな高幡不動尊周辺にあるちょっとした軽食が楽しめ食べ歩きもできるお店を紹介しますよ!

▼高幡不動尊食べ歩きを動画で見たい方はこちら!

youtubeでも動画をちょっとずつ発信しているので、もしよければチャンネル登録お願いします♪

高幡不動尊金剛寺について

高幡不動尊金剛寺(以下高幡不動尊)は東京都日野市高幡にある寺院です。

成田山新勝寺と並んで関東3大不動としても知られています。
また、新撰組副長の土方歳三の菩提寺(先祖代々のお墓のあるお寺)でもあり、境内には土方歳三の銅像があります。
土方歳三の銅像
間近で見るとかなり立派!

高幡不動尊へは京王線、または多摩モノレールの「高幡不動駅」を下車して歩いて3〜5分。
高幡不動駅南口にある高幡不動参道を通って行きます。

こちらの鳥居(?)は駅を出てすぐの場所にあるので迷わないでいけると思います!

高幡不動尊金剛寺のアクセス

高幡不動尊金剛寺
■住所
東京都日野市高幡733
■URL
公式サイト
■アクセス
・京王線高幡不動駅
徒歩3分
・多摩モノレール高幡不動駅下車
徒歩5分

和光同塵季よせ高幡店の豆大福

さて、まず紹介するのが高幡不動参道沿いにある「和光同塵季よせ高幡店」。
和光同塵季よせ高幡店外観
写真を見てわかる通り和菓子を販売しているお店になります。

こちらは店内の様子。
和光同塵季よせ高幡店店内

人気の商品が赤えんどう豆塩大福!北海道の小豆あんと赤えんどうがはいっています。
和光同塵季よせ高幡店 豆大福

皮には塩が入っています。甘いなかにしょっぱさがあって美味しいです!
和光同塵季よせ高幡店 豆大福2
一個注意点として、皮についている粉が食べると舞うので服につかないように気をつけましょう!

和光同塵季よせ高幡店
■住所
東京都日野市高幡1-16
■営業時間
10:00~20:00
月曜定休

元祖高幡まんじゅう本店の高幡まんじゅう

さて、参道を渡り高幡不動尊の手前の道路にもお店が点在しています。
その中の一つ、元祖高幡まんじゅう本店
元祖高幡まんじゅう本店外観
日野市内には4店舗あり、その本店。大正7年(1918年)に開業した老舗店です。

店内の様子。こちらのお店も色々な和菓子を販売していますよ。
元祖高幡まんじゅう店内

私は店名にもなっている高幡まんじゅうを購入。
元祖高幡まんじゅう
高幡まんじゅうは「つぶしあんの茶色」「こしあんの白」の2種類!

お店のそばに休憩所がありそこでおまんじゅうを食べることができます。
ご覧の通り新撰組の写真がたくさん!
元祖高幡まんじゅう休憩所
休憩所内はお茶も用意されているのでほっと一息つけます。

まんじゅうは温かい状態で出してくれました。
こちらは茶色のつぶしあん。

こしあんの白。あんこはかなりまろやかでした。美味しい。

休憩所の前は車の往来が結構ありますが、日陰になっているので晴れてる日でも開放的な場所で休憩できてオススメです。

元祖高幡まんじゅう本店
■住所
東京都日野市高幡1-1
■営業時間
9:00~17:00
■URL
公式サイト

橘屋のたい焼き

先ほどの元祖高幡まんじゅう本店と同じ通りにあるのが「橘屋」。
たい焼きをメインに販売しています。
橘屋外観
こちらのお店は開業して約10年(2019年現在)。
たい焼きは「あずき」「カスタード」「クリームチーズあん」の3種類!
私はクリームチーズあんを注文。

橘屋も店内に休憩所があります。たい焼きを注文すると中で3分ほど待ちました。
橘屋休憩所内
休憩所はテーブル席が3つほどあります。大体10人ほど入れるスペースですね。
お茶も出してくれるサービス付きです!

こちらがクリームチーズあんたい焼き!
注文してから焼くスタイルのため、出来立ての熱々のたい焼きが食べられます。
橘屋 たい焼き

クリームチーズとあんこの組み合わせは初めてだったんですが、とろりとしたチーズの酸味とあんこの甘さが絶妙でかなりうまし!
橘屋 たい焼き2

橘屋
■住所
東京都日野市高幡1-6
■URL
twitter

【こんなのもありました】超豪華金剛寺ソフトクリーム

高幡まんじゅう本店、橘屋と同じ通りに並んでいるお店に、食用金箔がはられたソフトクリームも!

見た目かなりインパクトありますが、値段に躊躇してしまい買わずじまいでした笑
友達となど、複数人で行った際は分けあって食べてみるといいかもしれませんね!

峠の茶屋あおいのお寿司盛り合わせとおおさまプリン

さて、次は高幡不動尊金剛寺の境内の中にあるお店を紹介します。
・・・と言っても、食べ物を販売しているお店は入り口の3店舗だけですが。

こちらはその中の一つ「峠の茶屋あおい」。
峠の茶屋あおい外観

こちらのお店は高幡不動駅そばにある「すしおおまさ」というお寿司屋さんのグループ店。
・・・ということで店頭では寿司が販売されていました。
峠の茶屋あおい 店頭の寿司

他にも店内では「おおさまプリン」というプリンも販売。
峠の茶屋あおい おおさまプリン
すしやでなんでプリンが・・・?と思いましたが、お寿司の後のデザートとして作っておりそれを販売しているようです。

峠の茶屋あおい
■住所
東京都日野市高幡733
■URL
公式サイト

桑茶

店頭で激推しされていたのがこちらの桑茶。
桑は蚕の食べ物として知られていますが、体にもいいようですよ。
峠の茶屋あおい 桑茶の解説

こちらが桑茶。お湯に粉末状の桑茶をいれていました。どろっとしており独特な風味がありますが苦味はなく飲みやすいかなと思います。
峠の茶屋あおい 桑茶
牛乳とかと一緒に飲んでもいいかもしれませんね。

5重の塔地下の無料休憩所で一休み

高幡不動尊で一際目立つのがこちらの5重の塔!
高幡不動尊5重の塔

じつはこの下に無料休憩所があるのです。
休憩所内はこんな感じで広々しています。机では勉強している学生の方もいたのでのんびりした雰囲気でした。
高幡不動尊5重の塔内の無料休憩所

休憩所内はお茶の飲めるウォーターサーバーも。
高幡不動尊5重の塔内の無料休憩所のお茶

もちろん食べ物の持ち込みは可能です!
ということで、先ほどの峠の茶屋あおいで購入したお寿司とおおさまプリンを食べることに。
寿司

プリンはとろっとしてて美味しかったですね。カラメルが奥の方にあってビターな味が楽しめますよ!
おおさまプリン

まとめ:高幡不動尊グルメマップ

ということで高幡不動尊の食べ歩きグルメの紹介でした。
新撰組として有名ですが、そうじゃなくてもちょっとした小旅行に楽しめるスポット、さらに近場には多摩動物公園もあり1日は過ごせるのではないでしょうか。

新宿から京王線一本で行けてアクセスも良いので是非一度気軽に寄ってみることをおすすめしますよ!

最後に今回紹介したお店のマップと情報をまとめておきます。参考にしてみてください!

番号 1 2 3 4
写真 和光同塵季よせ高幡店外観 元祖高幡まんじゅう本店外観 橘屋外観 峠の茶屋あおい外観
店名 季よせ 元祖高幡
まんじゅう
本店
橘屋 峠の茶屋
あおい
営業時間 10時~20時
月定休
9時~17時

▼高幡不動尊食べ歩きを動画で見たい方はこちら!

もしよければもしよければチャンネル登録お願いします♪

食べ歩き記事はまだまだあります!地図・リストから探したい方はこちら

栃木県の食べ歩き記事
静岡県の食べ歩き記事
【無料で登録】外食をお得に、ポイントバックができるグルメサービス


ファンくる公式サイトを見る

  • 食べた感想を書くだけで、ポイントゲット
  • 1分で無料で登録完了!
  • 利用金額の最大100%ポイントバック





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください