味仙で名古屋めし台湾ラーメンを食す!旨辛な味付けがたまらん名古屋発祥ラーメン!

味仙の台湾ラーメン

こんにちは、わちログ(@wachilog)です。

名古屋めしの一つ、台湾ラーメン。「台湾」と名前がついているものの実は名古屋が発祥の地。
大変辛いのですが独特の旨辛な味が食欲をそそります。
本日はそんな台湾ラーメンの元祖のお店、味仙(みせん)の紹介です。

味仙の台湾ラーメンについて

味仙外観

味仙は名古屋市内に10店舗、そして2017年には東京都の神田にも1店舗オープンしている台湾料理の専門店です。
冒頭にも書いたとおり「台湾ラーメン」というメニュー名ですが、台湾発祥ではなく日本の名古屋、味仙のオリジナル料理です。

もともとは従業員用のまかない料理として作っていましたが、お客さんに出したところ好評でそのままメニューとして定着したようです。今回私が訪れたのは味仙矢場店

味仙矢場店の店内の様子

味仙矢場店の様子です。
味仙店内
店内は2階建て、こちらは1階の様子です。見ての通りかなりオープンで明るい店内ですね。地元の人達でかなり賑わっていました!

調理場の様子。
味仙店内2
調理場は席から見えるようにこちらもオープンになっています。お客さんが多く忙しそうに調理していました。
(調理場の正面に食堂のようにテーブル(?)があるので、食堂のようにここでメニューを受け取るのかと思ったら違いました・・・)

さて、席について注文です!もちろん王道の台湾ラーメンを注文します!

▼味仙の様子を動画で見る

旨辛!台湾メニューを食す

味仙の台湾ラーメン

こちらが台湾ラーメン。
写真だと大きさが伝わりづらいですが、一般的なラーメン店と比べると器の大きさが一回りほど小さくなっています。
一見するとスープが薄く、唐辛子もちょっと多くのってる程度なのでそこまで辛い印象はありませんが・・・

実際スープを飲むと辛い!訪問した時期は冬でしたが額から汗が・・・。
ちなみに辛さを抑えることもできる(アメリカンと言うらしい)ので苦手な人は注文時に言うことをおすすめします。

麺は中太で柔らかめ。確かに辛いんですが不思議と箸が進むんですよねぇ・・・。

簡単に言うと「うまい!」ということなのですが、辛い中にも独特な味付けがされてるので単に辛いだけではなく旨味のある辛さ!
これは食が進みますね!人気なのも頷けます。

▼味仙の台湾ラーメンは通販でも販売しています

ちなみに
味仙の台湾ラーメンは店舗ごとに違いがあるようです。私が訪れたのは矢場店なのですが、結構違いますね。
店舗の違いも解説!台湾ラーメンの始祖「味仙」創業者兄弟の系統別5選(メシコレ)

酢豚も頼んでみた

せっかく名古屋に来たのだから台湾ラーメン以外にもなにか食べよう!ということで注文したのがこちら「酢豚」。
味仙酢豚

酢豚はネギが多く、やっぱり辛め、なのですがソースの味がかなり美味しい。酢豚はザクッとした食感で柔らかめ、そしてソースとネギが絡まって非常によくあいます。
味仙酢豚2
これはご飯と一緒に食べたらおいしいだろうなぁー、今回は注文しなかったのが悔やまれます。
お酒のつまみにもいいと思います。

締めにチャーハンも頼んでみた

味仙の料理は辛めで味付けが濃い目なのですがその分量は少し少なめです。
胃にやや余裕があったので調子に乗って(?)チャーハンも頼んでみました笑
味仙のチャーハン

チャーハンはパラッとした普通のチャーハン。でも胡椒の味が結構効いててうまし。
さっき頼んだ酢豚のソースと食べると辛旨で美味しかったです(絵的に汚かったので写真はありません笑)

ということで、名古屋めしのひとつ台湾ラーメン発祥店の味千の紹介でした!
全体的に辛いのですが、台湾ラーメンは注文前に辛さも抜いてくれるサービスもあります。名古屋以外の地区だと東京の神田にしかないので、名古屋に来たら一度はよってみてほしいお店でした!

基本情報


味仙矢場店
■住所
愛知県名古屋市中区大須3-6-3
■営業時間
昼:11:30~14:00(土・日15:00)
夜:17:00~翌1:00
■URL
公式サイト
食べログで口コミを見る

▼味仙の様子を動画で見る

関連記事

こちらも名古屋めしの一つ味噌カツ。豚のキャラクターが目印の味噌カツ専門店の矢場とんの紹介!

矢場とんで名古屋めし「みそかつ」を食す!行列店なので事前に待ち時間確認がおすすめ

2018.12.30

今回訪問した矢場店のそばにある大須商店街!食べ歩きにおすすめの商店街です。

名古屋の大須商店街の食べ歩きグルメ9選!串物&唐揚げグルメの満腹巡り

2018.12.31





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください